Interview

- 社員インタビュー 「船昌商事と私の夢」 -
壁は高いが通販

管理部課長代理 橋本 弘美

1993年7月入社
管理部課長代理 橋本 弘美

派遣社員から正社員となり、経理、営業のサポート業務などを経験してきました。 通算すれば21年になります。人間関係で嫌な思いをしたことがなく、自由な気風が合っていたのだと思います。

昔も今も変わりませんが、若い社員が頑張っている姿を見ていると中途半端な仕事はできない、システムや仕事の流れを昨日よりも今日、今日よりも明日はより良いものにしたい、現状維持ではなく、少しでもいい方向に変化させたい―そんな思いで仕事に取り組んでいます。

管理の仕事はルーティンワークなので夢は描きづらい一面はありますが、通信販売を頭の中に描いています。 大規模ではなく、会員制や紹介制など限られた範囲を対象にした通販で、社員からスタートしてもかまわないかもしれません。

もっとも、輸入青果物はナマモノ。 また、事業として捉えるとうま味が少ないので実現は難しく、経営判断として壁が高いことも承知しています。 ただ、直接、消費者と結びつくことは情報収集のための一つのツールとして利用することもできますし、口コミで拡散することで、消費者が果物を見直すきっかけになるかもしれません。