About

- 船昌商事について -

船昌商事は2014年に会社設立40周年を迎えました。

次の節目である50周年に向け、また新しい挑戦が始まります。

創業から脈々と受け継いできた「守るべきもの」。

新しい時代に合わせて「変えるべきもの」。

私たちは、これからもずっと、皆様と共に歩んで行きます。

事業内容

1924年に創業した船昌商店を母体とする船昌グループ。 その海外輸入部門を担う商社として、1974年12月に船昌商事(株)は誕生しました。
船昌商事(株)は果物を中心とする世界各国の青果物を輸入販売しています。
国内への果物の供給に多大な役割を担っており、とりわけ関東地区では大きなシェアを誇り、市場活性化に貢献しています。

扱う品目は産地も含めると100以上。
特に、バナナ、キウイフルーツ、アボカド、マンゴーなどの取り扱いでは定評があります。 担当者が世界中の産地から取り寄せた新鮮な商品を、大田市場をはじめとする卸売市場や、スーパー及び量販店へ日々お届けしています。

世界各地の生産業者様から、卸業者様、そして日本中の食卓へ。
私たちは、安心・安全でおいしい青果物を届ける「輪」をつないでいます。

代表者からのごあいさつ

代表取締役社長 関野 貴文

今輸入青果物の業界は、国内流通の更なる自由化、世界規模ではグローバリゼーションの進化が同時進行し、激動の真っただ中にあります。
そんな中で私達は多様化・高度化する日本の食文化を支えるべく、先ずは産地から各お取引様・消費者様の事を第一に、日々その供給義務を果たすよう企業努力を重ねております。
またそうした事業を担う人材の育成は不可欠であり、今後ともこの壮大な流通業の一端を担う、高度人材を育てて行きたいと考えております。

消費者の皆様に安心・安全な、美味しい商品を通してより多くの幸せを感じて頂きたい。
今後も時代を半歩先取りした大胆且つ細心な工夫と努力をして参りますので、皆様の一層のお力添えをお願い申し上げます。

代表取締役社長 関野 貴文

企業理念

お客様第一の心で、信頼に応え得る品質とサービスを提供する。

相互信頼の中で明るい職場をつくり、働く人が生きがいを感じる会社にする。

市民生活に密着する青果物の流通という仕事を通して社会に貢献する。

会社概要

社名 船昌商事 株式会社
事業内容 外国産果実、野菜輸入および卸売業務
事業所 東京都大田区東海3-8-2 TSKビル5階
加工場 大井ほか2箇所
URL http://www.funasho-s.co.jp
設立 昭和49年(1974年)12月
代表者
代表取締役会長
関野 章
代表取締役社長
関野 貴文
役員
代表取締役会長
関野 章
代表取締役社長
関野 貴文
専務取締役
吉田 隆行
常務取締役
川島 実
取締役
数井 達朗
資本金 9,000万円
売上高 138億6600万(平成30年3月期実績)
従業員数 50名(男性32名・女性18名)
(平成30年5月時点)

組織図

組織図

アクセス

本社所在地

船昌商事株式会社
東京都大田区東海3-8-2 TSKビル5階

交通アクセス

  • JRの場合(約25分)
    JR大森駅東口バス(大田市場行き)大田市場事務棟前下車
  • 京浜急行の場合(約15分)
    「平和島駅」(京浜急行バス停 森43 大田市場行き)大田市場事務棟下車
  • 東京モノレールの場合(約10分)
    「流通センター前」(京浜急行バス停 森43 大田市場行き)大田市場事務棟下車
  • 車の場合
    首都高速湾岸線、大井南ICより約3km大田市場正門を右折、右側すぐ